HP Stream 7 レビュー (ハード編)

先日注文の様子を記事にしていた、話題の激安Windowsタブレット
「HP Stream7」がアメリカのamazonから届きました!

早速開封&簡単なレビューをしてみたいと思います。

発送されたのが11/10だったのでわずか3日で到着。
amazonのサイトで随時荷物がどこにあるかを確認できました。


早速開けてみる。外箱です。
IMG_3816-2.jpg

中身はこれで全部です。
本体、ACアダプタ、USBケーブル、クイックスタートガイド(英語)。
実はクイックスタートガイドや取扱説明書は、HPの公式ページで
日本語版がダウンロードできるようになっています。
IMG_3817.jpg

ここで気になったのがクイックスタートガイドの最初の図。
い鮓ると明らかに「保護フィルムを剥がしてね」的な図があるのですが、
本体の縁を爪でカリカリしても、テープを縁に貼って剥がしても
全く保護フィルムのある気配がしません…
とりあえずここは保護フィルムは無かったということでスルー。
IMG_3855-2.jpg

本体表と本体裏はこんな感じ。
IMG_3841.jpgIMG_3840.jpg

右側面には電源ボタンと音量上下ボタン。
IMG_3842.jpg

上側面にはUSB端子とイヤホンジャック。
IMG_3844.jpg

表面左上にはさり気なくHEWLETT-PACKARDの文字。
IMG_3848.jpg

同じ7インチのandroidタブレット"nexus7"と比較。
表面積を見るとStream7のほうが若干コンパクトです。


そのぶんStream7のほうが若干厚さがあって、少し重いです。
nexus7が292gだったのに対して、Stream7は358g。
どちらにしろ、持っていてそれほど重いとは感じない程度でした。
IMG_3834.jpg

厚さの比較。左からnexus5,Stream7,nexus7,iPad Airです。
Stream7は底にあまり丸みが無くて、かつ若干厚めなのがわかります。
hikaku.jpg

次の記事では早速環境を整えていろいろソフトを動かしてみます。


コメント